fc2ブログ
 
■プロフィール

大伴まさのり

Author:大伴まさのり
「福祉でまちづくり」を合言葉に、すべての市民にとってやさしいまちづくりを進める、長岡京市議会議員、大伴まさのりの活動日記です。地域の諸活動や、サッカーを通じた青少年とのふれあいから、やさしいまちづくりを実践しております。

公式ホームページ
www.otomo-fukushi.net

談話室(掲示板)
http://mykit.jp/pc/ohtomo/keiji.php3

過去の日記は下のリンクからどうぞ。

■最近の記事
■最近のコメント
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
大伴 塁 を支えています!

 酷暑・コロナ感染拡大そしてオリンピックと、七月の社会情勢は混とんとしていますが、私は20年間の議員生活の締めくくりとして、お世話になった方々へのお礼と報告に明け暮れた七月でした。


 そんな中、息子の嫁の大伴塁の政治活動も、同時に支えていく活動も並行して行い、毎日汗をかいています。


 そして昨日は、長年ご支援をいただいた連合乙訓の皆様に、お礼のあいさつの機会を頂き、20年間の活動を振り返り、福祉で街づくりの理念の継承を訴えさせていただきました。

          DSCN7835 (2)

 さらに大伴塁も発言の機会を頂き、政治活動の報告もさせていただきました。

          DSCN7836 (2)

 東京から急遽帰ってこられた、泉ケンタ議員も今の国の政治状況の危うさを訴えられ、大いに納得をさせられたのでした。

          DSCN7838 (2)

 明日から八月ですが、今年の場合盆明けから九月議会が始まることもあり、最後の議会に向けてしっかりと調査・研究を怠らないようにと誓う、今日の一日でした。


ちなみに 大伴 るい のホームページは

 https://ootomo-rui.com/ ですので、一度ご覧くださいませ




スポンサーサイト



未分類 | 06:30:33 | Trackback(0) | Comments(0)
呑龍トンネル 視察

 一日中降り続く雨の中、見出しの施設の視察に行ってきました。


 この視察は府会議員の堤じゅん太さんが企画し、本市の私が所属する会派輝と向日市・大山崎町の友好議員が参加してのものでしたが、急遽東京からはせ参じた、泉ケンタ衆議院議員も参加され、充実したものになりました。


 この事業は、桂川右岸流域下水道雨水対策事業の一環として、間もなくすべてが完成する施設の見学で、完成するとすでに運用が開始されている向日市分だけでなく、わが長岡京市の大雨による被害の軽減に大いに寄与するものです。


 洛西浄化センター内にあるポンプ場に到着後、京都府の担当官から説明を受けたのち、いよいよ地下25mにある呑龍トンネルに向かう、仮設階段を下りて、まずはその地下の空間に度肝を抜かれました。

         DSCN7819 (2)

 そしていよいよ長岡京市の排水管への接続部分への、約500mほどをライトを消すと真っ暗の中、泉ケンタ議員の背中を頼りに歩きました。

         DSCN7821 (2)

 担当官から説明を受けるも、その規模の壮大さに、ただただ圧倒されました。

         DSCN7825 (2)

 地下に降りるのにも、相当気を使い体力を消耗したのですが、のぼりは70歳を超える私には、過酷なしごきに近いものでした。

         DSCN7823 (2)

 でも何とか最後の力を振り絞って地上に到着し、ケンタ議員に褒められ?記念撮影をしたのでした。

         DSCN7828 (2)

 視察を終えて、雨水対策の大切さがよく理解できたのですが、ちょうど大雨だったのも、説得力があり、予算確保にさらに声を強めなければと感じた、今日の一日でした。






未分類 | 17:07:43 | Trackback(0) | Comments(0)
これまでの報告とお礼

 今日七月一日は私の議員活動の手本であった、父の本命日です。


 そして、私の議員生活も九月議会を残し、いよいよ最後に近づきました。



 そこで改めまして、写真の文章にありますように、わたくし 大伴まさのり は今期を持ちまして、議員を引退する決意をいたしました。

          DSCN7815 (2)


 従いまして、今までお世話になった方々に直接、これまでの議員活動のご報告とお礼行脚を、今日から始めることにいたしました。

 毎日このページに写真を添付して、日記帳という形で報告させていただいていたのですが、これからしばらくは、毎日同じ活動が続くと思われますので、日記帳は週に一回程度にさせていただくことを、ご容赦お願いいたします。







未分類 | 12:42:04 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ