FC2ブログ
 
■プロフィール

大伴まさのり

Author:大伴まさのり
「福祉でまちづくり」を合言葉に、すべての市民にとってやさしいまちづくりを進める、長岡京市議会議員、大伴まさのりの活動日記です。地域の諸活動や、サッカーを通じた青少年とのふれあいから、やさしいまちづくりを実践しております。

公式ホームページ
www.otomo-fukushi.net

談話室(掲示板)
http://mykit.jp/pc/ohtomo/keiji.php3

過去の日記は下のリンクからどうぞ。

■最近の記事
■最近のコメント
■民主くんと遊びましょう

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
初蹴り ・ 長岡京サッカースポーツ少年団

 毎年一月四日は、40年来続けている、長岡京SSの初蹴り大会です。


 今年は長岡第十小学校をお借りして、朝九時からスタートしましたが、八時すぎには指導員全員が集まり、新年のあいさつの後、準備を行い、無事開始時刻までに完了いたしました。

            DSCN0440.jpg

 そして九時に全員が集合した前で、代表してあいさつをさせていただきました。

            DSCN0446.jpg

 今日のイベントは二つの特別なことがありまして、その一つは昨年末にJリーグの最優秀選手に選ばれた、OBの家長昭博選手にサプライズの団からの贈り物をしょうという企画です。


 具体的には、SSの旗と川崎フリューゲルの旗を用意し,子供たちに寄せ書きをしてもらうというものです。

            DSCN0444.jpg

 すべての選手達が、何を書こうか悩みつつ、でも喜んで書いてくれましたので、小嶋コーチを通じて、すぐに家長選手宛てに送らせていただきます。

            DSCN0452.jpg

 もう一つは、SS卒団生の多くは、社会のいろんなところで活躍されていますが、中でもサッカーを職業とした卒団生は、合計八名おられますが、その中の五名が来てくれるというものでした。


 その五名の内の一人は、九期生の現在JYの谷コーチで、かつてブラジルでプロ選手として活躍されていましたし、今日も我々のスタッフとして活躍していただいています。

             DSCN0460_20190104185823457.jpg

 それ以外の四人のOBの方は下記の写真の左から、かつてサンガでプレーしていた二〇期生の大槻紘士氏・昨年まで水戸で活躍していた二十二期の山本翔平氏・そして彼と同期の、讃岐で活躍していた石田英之氏・右端が橘高からサンガに進んだ三十六期の永井建成選手で、それぞれ一人一人が子供たちにご自身の想いを語ってくれました。

            DSCN0456.jpg

 ちなみに、今日会場に来られなかった選手は、家長昭博選手と、彼と同期の横浜の渡辺雅基選手そして宇佐美貴史選手でして、宇佐美選手は元旦の日にドイツに帰らなければならず、各学年一枚当たりのサインの色紙をくださいました。 ( 各学年の判断で配布しました )



 その後各OB各位は、幼児から中学生までの各カテゴリーの試合に、飛び入り参加して、その技の片りんを披露してくれ、会場を大いに沸かせてくださいました。

             DSCN0469.jpg

 指導員も保護者の方もこの日ばかりは、童心に帰って子供たちと楽しくプレーをして、サッカーは本当に楽しいを、体感していただきました。

             DSCN0472.jpg
                
 そして最後に全員で記念撮影を終えることが出来た、本当に楽しかった今日の一日でした。





スポンサーサイト
未分類 | 20:21:31 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad