FC2ブログ
 
■プロフィール

大伴まさのり

Author:大伴まさのり
「福祉でまちづくり」を合言葉に、すべての市民にとってやさしいまちづくりを進める、長岡京市議会議員、大伴まさのりの活動日記です。地域の諸活動や、サッカーを通じた青少年とのふれあいから、やさしいまちづくりを実践しております。

公式ホームページ
www.otomo-fukushi.net

談話室(掲示板)
http://mykit.jp/pc/ohtomo/keiji.php3

過去の日記は下のリンクからどうぞ。

■最近の記事
■最近のコメント
■民主くんと遊びましょう

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
議場が待ってます! 

 今日はいつもに比べて、少し暖かかったです。


 そんな今日は、明日から始まる三月議会を控え、最後の担当部長さんによるヒアリングを受けたのでした。

       DSCN0927.jpg

 そんな中で、これだけは糺してほしいという極めて各論の内容を、いくつか担当部長さんに伝えたのでした。


 それは議会の本会議とか委員会という正式な場ではないのですが、実はそのことを糺していくのには、これも効果的との、経験に基づく判断からなのです。


 議会というのも、実は世の中と一緒で、相対的なもので、つまり議員という糺す立場の人間と、言われる立場の市理事者で成り立っており、大きな理念の話は別として、細かな出来事で効果的な手法を使うのも、結果市民に有益であればよいという、私の政治的な判断によるものです。

 やはりアインシュタインの相対的原理論なんです。


 つまり、彼は自分の相対性原理論を、自分自身は掛け事が好きで、胴元と客人では同じ勝負でも違って見えることを、物理的に説明したに過ぎない と言っているんですから、


 俗っぽい表現で言えば、議員と理事者の関係は、相対的な勝負の世界です。

 
 しょせん議員とは市民に選ばれた立場ですから、相手は私の場合、市役所の市長さん以下理事者の方々で、私個人の価値観でより多くの市民に有益であるか? また少数派の意見は、多数派の方にとっても結果、尊重されているのかを糺す、すなわち、ある意味真剣勝負の土俵が、議場なんです。


 そんな議会が明日から始まります!  私なりに精一杯頑張りますとしか言えない、今日の一日でした。






スポンサーサイト



未分類 | 20:20:50 | Trackback(0) | Comments(0)