■プロフィール

大伴まさのり

Author:大伴まさのり
「福祉でまちづくり」を合言葉に、すべての市民にとってやさしいまちづくりを進める、長岡京市議会議員、大伴まさのりの活動日記です。地域の諸活動や、サッカーを通じた青少年とのふれあいから、やさしいまちづくりを実践しております。

公式ホームページ
www.otomo-fukushi.net

談話室(掲示板)
http://mykit.jp/pc/ohtomo/keiji.php3

過去の日記は下のリンクからどうぞ。

■最近の記事
■最近のコメント
■民主くんと遊びましょう

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
充実した一日でした!

 昨晩少しばかり深酒したので、寝起きが悪かったのですが、目覚ましで目覚めました。


 そんな今日の朝一番の活動は、地元の六小校区のお祭りで、第一回大会から深くかかわった自分としては、大切な行事で中小路市長さんはじめ、泉ケンタ衆議や堤じゅんた府議らの来賓を迎え、その横にいる自分自身が、なぜか誇らしかったのでした。

                 DSC03850.jpg

 開会式終了後、本来ならば一日中いなければならない立場ですが、別会場で私が主催者代表をしている、第19回卒団記念大会に駆け付けたのでした。 ( 昨晩民泊でお世話になった、お母さんたちとの記念撮影 )

                 DSC03852.jpg

 そこで、いつもと違うのは数日前に依頼があった、関西ジュニアサッカースタジアムというテレビの取材の方が来られたということでした。

          DSC03855.jpg

 まず初めに、私が若い女性のインタビュウを受けて、団の成り立ちから今までの経過の説明を求められ、少し頭が回転の悪い中受け答えをいたしました。

                        DSC03857.jpg

 このテレビクルーは、想ったいたよりは本格的なもので、かつて宇佐美貴史選手の取材に訪れたクルーは、某民放10時からの有名報道番組でも、3人だったのになんと6人もの方が来てくださって、テレビカメラも3カメまでありました。 ( 各チームを個別にインタビュウしてくれました )

                         DSC03879.jpg

 ということで、非常に幸運に恵まれた状況の中で、大会は進み、私たちが描いた最高の状況がうまれたのでした。


 それは、昨日から来訪してくださっている、浜松のさなる少年団さんとの決勝戦でありました。


 双方全力を尽くしてに戦いでしたが、多少運に恵まれたわが団が勝利し、閉会式に臨みまして、久しぶり主催者として、わが団の選手に賞状とカップを渡すということは、やはり本音で最高なんです。

                          DSC03869.jpg

 でもその後の閉会式でのあいさつの中で、リスペクトが一番大切だという話を、させて頂いたことが、一番の喜びでありました。


 すべてサッカーに関する私の務めを終えた後、帰宅すると妻の誕生祝ということで、息子家族が待ち構えてくれており、夜遅くまで家族で楽しんだ、今日の一日でした。

           DSC03881.jpg


スポンサーサイト


未分類 | 22:32:52 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad