■プロフィール

大伴まさのり

Author:大伴まさのり
「福祉でまちづくり」を合言葉に、すべての市民にとってやさしいまちづくりを進める、長岡京市議会議員、大伴まさのりの活動日記です。地域の諸活動や、サッカーを通じた青少年とのふれあいから、やさしいまちづくりを実践しております。

公式ホームページ
www.otomo-fukushi.net

談話室(掲示板)
http://mykit.jp/pc/ohtomo/keiji.php3

過去の日記は下のリンクからどうぞ。

■最近の記事
■最近のコメント
■民主くんと遊びましょう

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
思わぬ不覚!

 失敗だったのが、昨日の昼間に少し寝てしまったことでした。


 帰国した日も、12時頃就寝でしたが、朝4時すぎには目が覚めて寝られず、不覚にも昼寝を長い時間したことでした。


 従って、昨晩も午後11時過ぎには就寝したのですが、3時には目が覚めて寝られず、外が明るくなるまで読書していました。


 妻も同じようなもので、日の出とともに早朝の散歩に出かけました。

DSC05160.jpg

 近所の長岡天満宮までの、少し遠回りの散歩でしたが、貸し切り状態のお参りは気持ちが良いものでした。

DSC05165.jpg

 その後、今日は何とか夜までは寝まいと決心したのですが、又、昼間にうとうとしてしまい心配でなりません。


 夕方からは息子家族が来てくれて、土産話に華が咲いたのですが、話を聞くよりは本物の土産のほうに関心があるようで、これも致し方なしでした。

DSC05182.jpg

 今日こそは、時差ボケからの脱失を何とか図ろうと、もがいている今日の一日でした。



      特別編  ・ はじめに


 私たち夫婦も、結婚してから44年で、交際し始めてから半世紀 50年がたちました。


 この記念すべき節目の年に、お互いの今までの努力に感謝する旅行を企画し、多くの方の協力も得て、少し長めの休暇?を頂いたのでした。


 折角の機会ですので、少し張り込むとともに、わが少年団出身のドイツのフォルトナ・ディセルドルフに所属する、宇佐美貴史選手が、ワールドカップに選ばれるよう応援する目的をもって出かけてきました。

            DSC05175.jpg

( スタジアム正面の一番前で、日の丸をかざし、応援する姿が場内の大きなスクリーンに、結構長い時間映し出され、それを横のドイツ人の方が指摘してくれたのを、見ている姿がダゾーンの生中継でも放映されていました )




     旅行日記  第1日目(4/16)


 午後11時40分のフライトですが、夕方6時には予約した関空までの、相乗りタクシーが迎えに来てくれて、客は我々だけで快適でした。

             DSC04384.jpg

 毎回関空までは、このタクシー会社を利用するのですが、ドア・ツ・ドアなので、非常に楽なのです。

                          DSC04386.jpg

 時間に余裕を持ってチェックインして、桜ラウンジで軽食をとり、時間をつぶしますが、正直あまり快適なラウンジではありません。

         DSC04392.jpg

 ウエルカムシャンペンを頂き、ほぼ予定時間に関空を離陸して、すぐにドバイまでの睡眠状態が続きました。 ( 明日に続きます )

         DSC04399.jpg




スポンサーサイト


未分類 | 21:55:21 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad