■プロフィール

大伴まさのり

Author:大伴まさのり
「福祉でまちづくり」を合言葉に、すべての市民にとってやさしいまちづくりを進める、長岡京市議会議員、大伴まさのりの活動日記です。地域の諸活動や、サッカーを通じた青少年とのふれあいから、やさしいまちづくりを実践しております。

公式ホームページ
www.otomo-fukushi.net

談話室(掲示板)
http://mykit.jp/pc/ohtomo/keiji.php3

過去の日記は下のリンクからどうぞ。

■最近の記事
■最近のコメント
■民主くんと遊びましょう

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
蝦で鯛を釣る?

 今日は所用があり、妻の実家つまり義兄宅に行きました。

            DSC05210.jpg

 義兄宅は、京都市の花街の一つの宮川町界隈にあり、コーヒーショップを営業されており、昼間は芸子や舞子の皆さんが憩いの場として活用されており、最近は外国の方々も多く訪れるようになりました。

            DSC05209.jpg

 わずかなお土産しか持参しなかったのですが、多くのお土産を頂き、まさしく蝦で鯛を釣る結果になりました。

            DSC05211.jpg

 中でも、子供の日ということで、義兄宅の裏にある私の高校サッカー部の先輩が、営業されている老舗の和菓子屋さんまで,御覧の柏餅と粽を買いに行って頂き、早速、孫宅へおすそ分けいたしました。

            DSC05212.jpg

 お兄さん、ありがとう! の一日でした。




           旅行日記  第八日目 ( 4/23 )


 今日はガイドさんとの観光日で、オーダーとしてはケルンの大聖堂と、ほかにお城が見たいというと、田舎ですがすごくきれいな庭園のあるお城があるとのことで、早速ディッセルドルフ中央駅から出発しました。 ( 昨日の試合を報道している、新聞を駅で購入しました )

              DSC04853.jpg

 先にお城を見に行くということで、快速電車でまずはケルンへ

              DSC04855.jpg

 そしてケルンで普通電車に乗り替えです。

              DSC04864.jpg

 行先はBRUHL ( ブルュール ) というところで、京都市と姉妹都市のボン市の郊外なんです。 ( 普通電車は子供が書いた絵がラッピングされていました )

              DSC04865.jpg
             
 駅に着くと、それこそのどかなところで、人があまり見かけません。

              DSC04867.jpg

 駅を出たところが、もうお城の玄関でアクセスは最高です。今日は休館日ということでしたが、結果そのほうが良かったのでした。

              DSC04870.jpg

 つまり、何処に行っても、ほとんど人がおらず、世界遺産を貸し切り状態なのでした。

              DSC04876.jpg

 そしてお城の玄関横から庭園が広がり、その奥に森があるのです。

              DSC04873.jpg

 お城からの階段を下りていくと、ベルサイユ宮殿を模したという、見事な庭園がこれも貸し切り状態でした。

              DSC04879.jpg

 庭園から森を遠望する景色も、幾何学的で私たちをうならせました。

              DSC04880.jpg

 休館日なのに、すべての噴水が勢いよく出ていました。

              DSC04883.jpg

 噴水を眺めながら、しばし遠景のお城も見ながらの休憩です。

              DSC04885.jpg

 次に森の中に突入?です

                           P1070133.jpg

 なんとも、贅沢な貸し切りの森林浴でした。

                           P1070127.jpg

 森の中も、すごい設計で、その発想に参りました。

                            P1070132.jpg

 そしてお城の右後ろ方面でも、噴水が・・・

                            DSC04891.jpg

 運河沿いの道には、桜と思しき木が・・・

                            DSC04893.jpg

 お城の別棟も素敵でした

                            DSC04892.jpg
 
 素晴らしい景色と、おいしい空気を堪能したのですが、やはりおなかはすくのです。 ということで、駅前のレストランに案内していただきました。 ( 突き当りが駅とレストランです )

                 DSC04895.jpg

 室内もクラシカルなインテリアでしたが、良い天気でしたのでお庭での席を選択

                 P1070137.jpg

 出てきた料理には、びっくりしました。 ( お城や庭園に、あれほど凝るのに、料理の盛り付けは、私たちの感覚では、ほとんど無関心だと感じました )

                 DSC04899.jpg

 味はイマイチですが、やはりワインは美味しかったのです。

                 P1070141_20180505165745693.jpg

 帰りの電車は、普通電車なのに豪華でした。

                 DSC04907.jpg

 そして、電車には自転車で多くの方が、乗り込んでおられました。

                 P1070142.jpg

 次が、本来の目的地であったケルン大聖堂ですが、駅の真ん前にあり、正直第一印象は 人 多っ!  です。

                              DSC04929.jpg

 中に入ると、ここも多くの観光客が来ておられ、貸し切りにならないのかなー と思わず叫んでしまいました?

                              P1070147.jpg

 外に出て大聖堂の後ろに行くと、パリのノートルダムと同じで、バックシャンでした。

                  DSC04921.jpg

 そして大聖堂の横を流れる、ライン川の畔にも、多くの方が来ておられました。 ( 横の橋や、後ろの柵には、あらゆる南京錠が掛けてあり、願かけをするそうです )

                  DSC04924.jpg

 観光を堪能させていただいて、ディッセル中央駅に帰ってくると、何故かほっとしたのでした。

                  DSC04935.jpg
                
 さらにガイドさんには、明日が私だけの観光日になるので、いろんな知恵を頂き、まずはぜひ乗ればよいというバスを紹介し、さらにお得な切符まで購入のお手伝いをしていただきました。ガイドさんには、本当に感謝でありました。

                  DSC04937.jpg

 ホテルまで送っていただき、休憩後、昨日行った日本料理店の隣の、従業員さんがすべて日本人だというレストランで、アルトビールと餃子で乾杯いたしました。

                  DSC04939.jpg

 何故この店を選んだ訳は、昨日月曜日は餃子半額という看板を見つけたからで、あくまで節約を第一にしたのでした。

                  DSC04941.jpg

 それでも、帰り際、スーパーマーケットに寄って、ワインを購入いたしました。 ( 現地のス―パではレジ係が着席で、まず客が買った品物を、カウンターの上に並べなければならないのです = 完全に上から目線でした )

                  DSC04947.jpg


                        明日に続きます ・・・



スポンサーサイト


未分類 | 19:16:10 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad