FC2ブログ
 
■プロフィール

大伴まさのり

Author:大伴まさのり
「福祉でまちづくり」を合言葉に、すべての市民にとってやさしいまちづくりを進める、長岡京市議会議員、大伴まさのりの活動日記です。地域の諸活動や、サッカーを通じた青少年とのふれあいから、やさしいまちづくりを実践しております。

公式ホームページ
www.otomo-fukushi.net

談話室(掲示板)
http://mykit.jp/pc/ohtomo/keiji.php3

過去の日記は下のリンクからどうぞ。

■最近の記事
■最近のコメント
■民主くんと遊びましょう

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
皆様 大丈夫ですか?

 凄かったですね!


 私は阪神淡路大震災も、震度五強を経験していますが、もう二度と私の生涯のうちに、こんな強い地震は経験しないものと思っていたのですが、地震だけはいつ起こっても、文句が言えないことが身に沁みました。


 地震が起きた瞬間は、朝食後ベランダで一服状態でして、慌てて妻のところに走りました。


 妻は頭を押さえて大丈夫でしたが、周りの状態がやはりきつかったのです。( 私の書斎 )

                      DSC05530.jpg

 強い地震が起きればだめだ! という予想していたものすべてが、予想通りでした。


 つまり、上に置いていたものがすべて落下状態で、その瞬間は命があるだけまずはまし! との思いの中テレビをつけて、情報収集でして、まずはわが市にとって壊滅的な損害が無いことを目視いたしました。


 部屋の中の後始末は後にして、エレベータ―が止まっていましたので、緊急階段で下に降りて、とりあえず近隣の小学校区を廻り、大きな被害のないことを確認すると同時に、携帯で心配な家庭に連絡し安否確認をいたしました。


 そして帰宅すると、やはりEVは稼働せず、階段をあるいて十階まであがり、家の中の始末を始めたのですが、私の失態で、朝コーヒを飲んだ後戸棚を閉め忘れ、そこから大量の皿をはじめ多くの陶器類が、落ちていて散乱していました。

                    DSC05531.jpg
                   
 さらに高いところに置いていた、親父の勲章等々の賞状類がほぼ全滅で、これまたすごいショックでした。

                 DSC05532.jpg

 でも、命があるのだからと、気を取り直し後片付けに精を出したのですが、最後に押し入れを開けると、明治時代の仏壇がほば壊滅状態で、買い替えるのに踏ん切りがつきました。


 家の中の後始末と、最終被害状況をチェックするのに、昼過ぎまでかかり、議会の委員会開会日でなかったことが、せめてもの幸いでして、後は、市全体のことが気になったのですが、議会事務局から適宜メールにて情報伝達があり、助かりました。


 今のところ、本市の被害状況は、けがをされた方はあったものの、生命にかかわるけがでないという報告も受けており、ほっとしていますが、夕方から、ご近所の私が緊急連絡先になっているご家庭を訪問し、全ご家庭とも問題なしで、ほっとしています。


 また、息子夫婦や親せきも、大した被害もなく安心しましたが、まだまだ1週間ほどは安心できない、今日の一日でした。





スポンサーサイト


未分類 | 19:59:43 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad